インプラント。栃木でインプラントなら覚本歯科医院へ。

インプラント

インプラントとは

『インプラント』という言葉をご存知でしょうか?「詳しくは知らないけど聞いたことはある。」という方が多いのではないでしょうか?インプラントは入れ歯とは異なり、顎の骨の中に人工の歯を植え込む治療法です。長期的に安定し、噛む力も見た目も入れ歯に比べ格段に良くなります。

保険治療ではありませんが、長い目で見たときに1日1日を快適に過ごすためと考えるとそこには大きなメリットがあるのではないでしょうか?ここでは当院が行っている、インプラント治療についてご説明させて頂きます。

従来の治療法との比較

インプラント
【メリット】
  • 天然歯と同様の咀嚼能力を回復。
  • 天然歯と同様の感覚を回復。
  • 周囲の歯を犠牲(削らない)にしない。
  • 歯を失った部分の顎の骨を守る。
  • 他の修復物より長期的に使用できる。
【デメリット】
  • 手術が必要となる。
  • 治療期間が他の修復物より長い。
  • 骨量・質により治療の適応が限られる。
  • 保険非適応のため、費用がかかる。
入れ歯
【メリット】
  • 自分で取り外せるため、お手軽である。
  • 短期間で機能回復が期待できる。
  • 保険が適用となる。
【デメリット】
  • 年月とともに、作り変えや調整が必要。
  • 長期間安定した咬合を維持できない。
  • 入れ歯を支える骨や歯を損失する危険性がある。
  • 装着時の違和感・発音生涯などの問題が生じる。
ブリッジ
【メリット】
  • 美しく自然な外観を回復できる。
  • 自然な咬み合わせの回復。
  • 十分な咀嚼能力の回復。
【デメリット】
  • 健康な歯を削らなくてはならない。
  • 健康な歯が両側にないと適応外となる。
  • 土台とする歯に過度の負担が生じる。
  • 新たに歯を損失する危険性がある。
  • 清掃しにくく不衛生である。

インプラントの手順

1.検査
まずは口の中の総合的な検査を行います。(虫歯、歯周病の進行状態の把握など)その後、インプラント治療が必要な方にはカウンセリングルームにおいてインプラントについての十分な説明をさせて頂きます。
説明によってご理解頂いた後にCTレントゲンによってインプラントが必要な箇所や骨の状態などを確認するための資料になるレントゲン写真を撮影します。また、お口の型取りなども必要に応じて行います。それらを用意した上で治療計画を立てていきます。
※この際、歯周病治療や虫歯の治療など基本治療が術前に必要な方はそちらを優先に行います。

2.インプラント埋め込み
インプラントの埋め込み手術は一次手術と二次手術に分けて行います。
【一次手術~治癒期間】
顎の骨にインプラントを埋め込みます。術後3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと顎の骨が強い力で結合されます。(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。
【二次手術~人工の歯を作製・装着】
歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。二次手術を行わない1回法の手術法もあります。歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。セメントにより固定します。
3.メンテナンス
お口のケアの仕方やクリーニング(PMCT)などのアフターケア(メインテナンス)を定期的に行います。

インプラントに関するQ&A

Q インプラントは他の歯への負担はありますか?
A インプラントは単独での植え込みが可能なので ブリッジのように両脇の歯を削るなどの負担はありません。

Q 見た目でインプラントと分かりますか?
A 入れ歯やブリッジのように止め具はありませんので、見た目には一切分かりません。
入れる歯は他の歯との色のバランスを整えて製作しますので自然な仕上がりになります。

Q インプラントは使用期間の制限などはあるのですか?
A きちんとした手入れを行えば長期間の使用が可能です

Q インプラント手術は痛くないですか?
A 十分に麻酔をしてから手術を行いますので埋入手術は痛くありません。
手術後、多少腫れる事はありますが、一般的に2~3日程度で腫れはひきます。

Q 高齢ですが、インプラント手術を受けることはできますか?
A 高齢者の方でも全身疾患がある方以外は問題ありません。
ただ、稀に顎の骨の細さや密度の問題で埋入手術の難しい方がおられます。1度ご相談下さい。

Q インプラントならかたい食べ物を食べでも大丈夫でしょうか?
A 普通の入れ歯やブリッジに比べれば強度も含めて限りなく自然の歯に近くなります。
ただし、100%を保証するものではありませんので注意が必要です。

Q インプラント手術後の定期健診はどのくらいの頻度で行けばいいのですか?
A 個人によって差はありますが、一、二週間後。
その後一月、半年、一年、二年三年と経過をみます。

Q 歯が一本も無い人でもインプラントできますか?
A 勿論沢山入れて歯があった時のようにする事もできますし、何本か入れてインプラントを入れ歯の支えとする事もあります。